鍵屋

大学生のきままなブログ

重いものを持つときのコツ!!!

スポンサーリンク

こんにちは  Yes鍵です

 

 

 

f:id:stonegod:20180324211234p:plain

 

 

教科書販売のバイトってご存じですか? 

 

このバイト、皆さん一度は見たことがあると思います。

 

 教科書販売のときに教科書の受け渡しとかしてる人たちがいたと思います。あの人たちが教科書販売の季節のときにだけ駆り出されるバイトの人たちです。今年、ぼくはそのバイトにに参加してきました。

 

 仕事の内容なんですが、いってみれば教科書の袋詰めから販売までをやるという仕事です。簡単そうに思えるでしょう?実はこれ、めちゃくちゃ力仕事なんですよ。

 

 何より教科書って重い。

 

 ぼくも最初、教科書の販売なんて楽そうでいいなぁなんて思ってバイトに応募した訳なんですが、何十冊も重なった教科書を販売会場(本屋さんの2F)まで持っていくのは非常にこたえます。しかもそれを何往復もするわけですから本当に心が折れそうになります。

 

バイトで得たもの

 そんなバイトなんですが、得るものもたくさんあります。

 

 例えば、重たい物を持つときのコツです。

 

 みなさん大きくて重いものを持つとき、どうやって持ちますか?

 

大体の人は腕で抱えるようにして持つかと思います。ぼくも最初はそのようにしていました。

 

 

 しかし、このやり方ですと何回も繰り返すうちに腕が使い物にならなくなります。マジで。

 

 こんなことではこのバイト、続けて行くことは到底できないと悟ったぼくは、試行錯誤と度重なる筋肉痛との戦いの末にある方法を編み出しました。

 

 

…それが

 

ベルトに荷物をつっかける

 

という方法です。

 

 どういうことかというと、まず両腕で持ち上げてベルトの上に乗せます。こうした後に荷物の前の方を両手で支えて持ちます。

f:id:stonegod:20180324210221p:plain

 

 こうすると荷物は3点で支えられることになり、両腕の負担が軽くなるのです。

 

 この方法を編み出したおかげで作業効率は大幅に上がって、筋肉痛との戦いにも決着をつけることができました。

 

 みなさんも重い荷物を運ぶときは試してはどうでしょう?

 

弱点

 

 この方法一見完璧に思えるのですが、ひとつだけ弱点があります。

 

 それはベルトに大きな負担がかかるということです。

 

 ぼくはこのことを知らず、愚かにもベルトを酷使し続けたため、先日大破してしまいました。(ベルトが千切れました!!)

 

 みなさんもこのようなことになりたくなかったら、あまりに大量の荷物を連日運ぶことはしないようお勧めします。

 

 それか壊れてもいいベルトを使いましょう。高級なベルトは使ってはいけません。

 

 そんなこんなで以上が教科書販売のバイトで学んだ運搬技術でした。

 

 皆さんも機会があればこのバイトをしてみてくださいね。楽しいですよ。

 

 

以上!!!