鍵屋

大学生のきままなブログ

え、部長?

スポンサーリンク

 

f:id:stonegod:20180110002720p:plain

 

 

こんにちは! Yes鍵です

 

 

「適材適所」って4字熟語ご存知でしょうか。

 

 

適材適所(てきざいてきしょ)は「人の能力・特性などを正しく評価して、ふさわしい地位・仕事につけること」を表す四字熟語。適材適所 - Wikipedia

 

へー、能力がある人がその能力にふさわしい地位に就くことなんですって。

 

 

ん?

 

 

 

部長になった

バイトから帰るとLINEの通知が来てた。

 

 

先日まで次年度の部長を決める話し合いをしてて、投票をやるらしいってことまで知ってた。

 

ああ、終わったんだなと思って開くとびっくり、自分が部長さんになってた。見間違いかと思った。

 

正直に言えば

 

ちょっとだけうれしい。投票してくれたわけだから。画面見てちょっとにやけた。

 

 

ふっふっふっふ

 

 

…いや、いやいやいや、ちょっとまて、冷静に考えるとそれだけな気がする。

めんどくさいこと任されることが多そう。

生徒会長と部長はそういう役目だと聞いた覚えがある(偏見)。

 

 

 

そう考えると、

部長になってちょっとうれしい < めんどくさいこと

な気もする。

 

 

というかな、部長っていうのが自分に合っていないっていう問題があるよ。

金魚の糞っていう言葉はぼくのためにあるようなもんだからな。

もうほんとにリーダーっていう役職と無縁の人生を送ってきました。

 

 

これ以上の不適材不適所はないよ(将棋部とはいえ)!!!

 

 

部長になることによって生まれるメリット

あんまりこんなことばっか書いてるとテンション下がってくるんで、いいことを書こう!

1.別格で見られる

やっぱなにせ部長ですから。「あいつは部長だから」て目見られるでしょ。好きよ。そういう視線。なんだかんだで印象残りやすいでしょ。(それがいいとは言ってない)

 

2.強そう

やっぱなにせ部長ですから。「強いに決まってるよ」みたいな。将棋ってメンタル勝負みたいな部分大きいからもうそれだけでアドバンテージでしょ(※個人の見解です。)

 

うーん…

なんか自分の想像力が乏しくてそんなにメリット浮かんでこない…

 

 

 

ていうかそもそもメリットあるんか…

 

 

 

まあね。何事も経験ですよ。やれるだけのことはやりたいと思う。とりあえず、投げ出すことだけはしたくないな。

 

 

 

いやー、正直今もやれる気がしない(断言)。先代までの部長がキャラ濃すぎるのがいけないんだよなー。みんなキャラ濃いもん。アメリカのお土産ですか?ってくらい味が濃い。

 

いや、逆に考えてみろ。

 

いままでで最も影が薄い部長として歴史に名を残すことになるかもな。むしろ目立つことになっていいかもね。

 

 

 

 

 

 

 

いいわきゃねーーーーーーーーーだろ!!!!!

(というわけで頑張ります)

 

 

以上!!!