鍵屋

大学生のきままなブログ

英語力から学ぶ教訓

スポンサーリンク

 こんにちは Yes鍵です

 

 

突然ですが最近、英語力の衰退がひどい。もともと、あんまりできるほうではなかったけど最近は特にひどい。

 

 

 

大学入ったばかりの4月に先輩が「鍵、英語は学年を増すごとに点数落ちてくから、早めにTOEIC受けとけよ(ぼくの大学ではTOEICである点数以上取らないと単位をくれんのだ。)」って言ってたことを思い出す。

 

 

 

そんときぼくは、「いやいやいや、オレに限ってそんなわけねーじゃんwwwww」とか余裕ぶっこいてたわけだが、今になってその意味が痛いほどよくわかる。ありがとう先輩。早く受けといてよかった。

 

f:id:stonegod:20180106221729p:plain

 

 

一戦目 ーTOEICとの出会いー

 

Yes鍵が最初にTOEICをうけたのは、前期試験の1か月前のことだった。

 

 

 

一回目標点を超えておけばどうやらOK。単位はくれるらしい。

 

 

 

というわけで、保険もかねて一度受けてみた。

 

 

 

まあ大学受験からそんなに経ってないしイケるっしょ!っと軽い気持ちで受けた。

 

 

 

結果は惨敗だった(ただし単位はとれる点だった。それが救いである)。自分の愚かさを呪った。なにがイケるっしょ!だ!!イッてるのはお前の頭だ!!

 

 

二戦目 -再戦ー 

 リベンジの機会はすぐに来た。前期試験本番だ。

 

 

 

単位はとれていても一応試験会場で出席をとらなくてはいけない。

 

 

 

みんな消化試合をやっているような、覇気のない表情で試験を受けていたが、鍵だけは違った。

 

 

 

これでもか、というスピードで問題を解いていく鍵!!試験終了後、晴れやかな表情で会場を去った。

 

友達には「いやーwww前よりはできてたかなーwww」とかいってた。

 

 

もちろん結果は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

惨敗だった!!!しかも点数は下がっていた!!って、おい!!なにが「前よりはできてたかなーwwww」だよ!!!

 

 

 

三戦目 -最終戦

 三回目の対戦。時期は師走であった。

 

 

 

あれ以来心に傷を負い、対戦を避けてきた。

 

 

 

 

鍵は二回の敗北を糧に反省を…

 

 

 

 

しなかった。愚かである。本当に愚かである。

 

 

 

 

対戦を避けてきたせいで、あのときの悔しさを忘れ、また「イケるっしょ!」と自分を過信していた。

 

 

 

 

案の定また点数は下がっていた。鍵は大切な教訓を学んだ。

「イケるっしょ!は大抵イケない」

 

 

敗因

 うだうだ書いてみたが、原因ははっきりしてる。

 

 

 

 

英語勉強してなかったからだよ!!!おい!!今こんなクソブログ書いてるおまえ!!!

そんなんやってるくらいだったら英語勉強せいや!!!!!

 

 

まとめ

 

 

英語って大事だよね。このグローバルな社会で英語一つしゃべれんようじゃ、やってけんよな。はいはい、勉強します、勉強しますって。

 

でもなんか次はイケる気がすr…

 

以上!!!